アーティストについて

1970年生まれ。北海道大学理学部卒、筑波大学芸術学研究科修了、博士(芸術学)。

磁性流体のアートプロジェクトを2000年より推進。作品「突き出す、流れる」(2001年SIGGRAPH Art Gallery入選)では、第5回文化庁メディア芸術祭インタラクティブ部門大賞、日本のメディア芸術100選に選ばれる。

ソフィア王妃芸術センター(マドリッド)「呼吸するカオス」、東京都写真美術館「七つの質問」、東京都現代美術館「モルフォタワー」、エスパス・ルイ・ヴィトン(パリ)「二つの立てる渦」、科学未来館における個展等、国内外における展覧会多数。2009年、文化庁新進芸術家海外研修制度によりニューヨークで制作。電気通信大学准教授。

[個展]

児玉幸子展 インプット・アウトプットギャラリー(香港)2011年
児玉幸子「私の小さな海」展 NCSoft Creative Fountain(ソウル)2011年
児玉幸子「見えない庭」展 科学未来館(東京)2010年
児玉幸子展 ギャラリー坂巻(東京)2006年・2007年
児玉幸子「呼吸するカオス」 Telic Gallery(ロサンゼルス) 2004年
児玉幸子展 ギャラリー小林(東京) 1996

[受賞]
デジタルコンテンツグランプリ2001 アート部門 最優秀賞
第5回文化庁メディア芸術祭 デジタルアート部門 大賞
平成14年度 情報文化学会芸術賞

児玉幸子のブログ 「磁性流体日記」